ショッピングなどを見てみると、数多のルイヴィトン製のアイテムがズラーっとならんでいます。
自分が特別な存在なのだと感じることができるようだ
0

     私の執筆用のオフィスは自宅にあるのだが、仕事中であっても、ボニーが帰ってくる車の音が聞こえると、すぐコンピュータにデータを保存し、彼女を迎えに出る。ボニーはそれによって、自分が特別な存在なのだと感じることができるようだ。

     

     この習慣が長く続いているうちに、我が家に帰ると思うだけでボニーは女らしい気持ちになり、ストレスが減るようになってきた。ほんの少し態度を変えるだけで、パートナーにとっては大きな変化と感じられるのだ。

    Posted by : icati5l | - | 11:29 | comments(0) | -
    彼は単に彼女の時間を予約するためにそうしていたのだ
    0

       つきあい始めた当初は、彼女を誰か他の男が誘い出してしまわないうちに約東をとりつけなければならなかったから。男は、デートのお勝立てをすることが女性にとってそんなに大切だとは思っていない。

       

       彼は単に彼女の時間を予約するためにそうしていたのだ。いったん一つ屋機のドで暮らし始めたら、計画を立てる必要はまったくないと男は考える。それに対してジュディは、彼がもうデートの計画を立ててくれないことに失望し、もう愛きれていないと思い込んでしまう。

      Posted by : icati5l | - | 12:46 | comments(0) | -
      26年前に生き別れた双子、感動の再会
      0

          中国の江蘇省で、幼い頃に生き別れとなっていた姉妹が26年ぶりに奇跡の再会を果たした。本人たちが諦めてかけていた、血のつながった姉妹がいるという事実。しかし役場の職員がある女性について2つの身分を使い分けている可能性を疑ったことがきっかけで、警察も介入して2人はやっと1つの点につながった。『扬子晚报网(Yangtze Evening Post)』が伝えている。

         

          このほど江蘇省泰州市で、人口に関するデータ作成のため個人の身元を確認していた役場の職員が、市内に住むYangさん(それ以上の情報は明らかにされず)という女性について別の氏名を語る瓜二つの女性が存在することを発見した。それは同省無錫市に暮らすPeiさんという女性。誕生日を確認したところぴったり1年違いであることから、1人の女性が2つの身分を使い分けている疑惑が浮上。詳しい調査が始まった。

         

          最初に調査官に呼び出されたのはYangさんで、彼女は「幼い頃に養子になりました。私は双子だったと聞いていますがそれ以上の情報はわかりません」と説明した。Peiさんの写真をもらったYangさんは夫にそれを見せ「この女性、可愛いと思う?」と尋ねたところ、彼は何の疑いもなく「君じゃないか。もちろん可愛いよ」と返事した。続いて「WeChat」の家族のグループにPeiさんの写真をアップしてみたが、誰ひとり「これは誰?」と聞いてこない。それくらい2人の女性は似ていたのだ。

         

          そんななか警察がついにPeiさん本人を探し出すことに成功した。Peiさんやその夫もかなり驚いた様子で、両者ともにDNA検査を受けることに同意し、ついに姉妹は再会を果たしたのであった。検査結果を待つまでもなく姉妹は連絡先を交換し合い、今はWeChatで夜通しメッセージのやりとりを楽しんでいるという。

        Posted by : icati5l | - | 10:49 | comments(0) | -
        TOP