ショッピングなどを見てみると、数多のルイヴィトン製のアイテムがズラーっとならんでいます。
<< サーモンビンクの口紅にハイヒール | main | 人間が醸し出す配色の美しさには溜息がこぼれます >>
女子大生を拷問
0

    情報筋によると、咸鏡北道(ハムギョンブクト)会寧(フェリョン)市の保衛局反探処(スパイ担当部署)は、今月5日から10日にかけて、30〜40代の女性4人を次々に逮捕した。容疑は中国キャリアの携帯電話を使って韓国と連絡を取り、スパイ活動を行っていたというものだ。

     

    金正恩党委員長が昨年春に出した「中国の携帯電話を使うやつらは、南朝鮮(韓国)のかいらいと結託した反逆者として処理せよ」という指示によるものと見られる。

     

    一方、韓国の北朝鮮専門ニュースサイト、ニューフォーカスによると、こうした違法通話の摘発件数は最近になって大幅に減少しているという。

     

    その背景には、人々が電話ではなくカカオトークやLINEなどのメッセンジャーアプリを使うようになったことがある。もちろん、北朝鮮当局もこうした動向を警戒して「LINEやカカオトークを使う者はスパイとして取り締まれ」との方針を打ち出していたが、効果は上がっていないようだ。

     

    情報筋によると、女性たちは実際にはスパイではなく「送金ブローカーだった」という。送金ブローカーは秘密警察にとっても金づるである。奇妙なことに、保衛局もそれを知ったうえで逮捕したというのだ。

     

    ブローカーたちは、韓国に住む脱北者が、北朝鮮に残してきた家族に送金するのを仲介する。米国務省の2014年の報告書によると、脱北者が北朝鮮の家族に送金する額は、少なくとも年間1000万ドル(約11億1000万円)になる。また、送金手数料は送金額の20〜30%(韓国の北韓人権情報センター調べ)と非常に高額だ。

     

    送金ブローカーの正確な数などは把握されていないが、手数料だけでも200万ドル(約2億2200円)以上の現金が彼らの元に転がり込む。イリーガルな取り引きであるため、強力な取り締まりの権限を持つ保衛局の金づるとなりやすい。

     

    ブローカーも保衛局との良好な関係を維持するため、定期的にワイロを支払う。しかし、なかには支払いを渋ったり、拒んだりする者もいる。保衛局は、そういうブローカーを見せしめとして痛めつける。今回の逮捕された女性たちも見せしめだった可能性がある。さらに、スパイ扱いすることで、成果を誇張できるメリットもあるというわけだ。

    Posted by : icati5l | - | 11:09 | comments(0) | -
    スポンサーサイト
    0
      Posted by : スポンサードリンク | - | 11:09 | - | -
      コメント









      TOP